トップ>性格・相性占いコラム

性格・相性占いコラム

男性はみんな浮気症ではない!

ニュ-スキャスタ-の吉川美代子(バツ2)さんは、あるテレビの番組で「男はみんな浮気症よ」とおっしゃていましたが、

それは間違いで、世の中、浮気症でない男性の方がず―っと多いのです。

つまり、吉川さんの場合、どうしてか、今まで浮気症の男性(強い肉食系男性)ばかりと付き合ってきたということ

なのです。

では、なぜそうなったのでしょうか?

その原因は、仕事がら吉川さんの周囲に「浮気症の男性が多かった」ということと、吉川さん自身に「浮気症を持った

男性を好きになる性格がある」ということなのです。

以前、このブログの中で、「美人に離婚が多いのは、美人は男の星を持っていて、キツイ性格のため、女性の星を

持った、やさしくハンサムで遊び好きの男性(浮気症の男性)と恋愛して結婚する可能性が高く、離婚になりやすい

のです」というお話をしました。

吉川さんの場合も、男性を外見、優しさ、おしゃべりなどの観点で判断すると、どうしても浮気症の男性と付き合う

確率が高くなり、離婚や、「男はみんな浮気症よ」という発言につながったのではないでしょうか。

 

頭のハゲている男性に浮気症は少ない!

女性の方に、「頭のハゲている男性に浮気症は少ないのです」と言うと、皆さんは「えーっ」と驚かれます。

女性の方は、ハゲている男性を見ると「カッコ悪い」とか「精力が強そう」とか言って、敬遠される方が多いのですが、

四柱推命、易、九星気学など占いの発祥の地、中国では反対に頭が良い人として尊敬されているのです。

歳と共に頭のハゲる男性は、四柱推命で鑑定しますと、必ず母親(又は叔母)の星を強く持っています。

この母親の星は、頭脳の星とも言われ、頭が良く、論理的思考に長け、さらに勉強家であるため、東大生に多く、

社会では囲碁や将棋のプロ棋士、作家、医者、学者などに多く見られます。

例えば、今話題の14歳でプロの将棋棋士になり、連勝記録を作った藤井聡太四段ですが、彼は老年になると、

髪が薄くなり、ハゲてくるタイプになるかと思います。

母親の星を持った男性は優しく、人見知りするほうですが、集中力があり、勉強ができ、秀才タイプになります。

(その子供も、秀才が生まれる確率が高いのです)

また、この星を持つ男性は母親っ子であることから、母親の言うことや教えをよく聞きます。悪く言えば、マザコンの

所があります。

反面、母親っ子であることから、浮気を抑制する気持ちも強く働きます。

それは、母親は女性であることから、自分が浮気して母親に嫌われたくないので、浮気を抑制するのです。

どうしても、男の浮気がイヤな女性は、頭髪の薄い男性を夫に選ばれると良いと思います。ただし、夫の母親が

他界したら、その効果は半減するでしょうから、母親に長生きしてもらうように尽くすことも大切です。

 

 

 

結婚と出産は幸せの入口!

女性にとって、結婚と出産は、幸福の入口で、重要なのは結婚のお相手、つまり男性選びです。

浮気症・浪費家・暴力を振るう男性などを選んでしまうと、一転して不幸につながってしまいます。

幸福と不幸は紙一重なのです。

つまり、結婚、そして出産をしたから、幸せになれるとは限らないということですが、結婚や出産をしないで、

幸せになることはさらに難しいのです。

それは、神様が子孫繁栄のために、女性の心と体を、結婚して出産するように作られたからだと思います。

さらに、結婚では、離婚など不幸にならないためには、お二人の性格の組み合わせがとても重要です。

その組み合わせが良いかどうかを知る有効な手段としては、四柱推命があります。

是非ご利用下さい。

芸能人の母➝娘への名言(結婚アドバイス)

女優の多岐川裕美(バツ1。元夫は俳優、阿知波信介さん)さんは、自分の経験から、常々、娘の華子(タレント)

さんに結婚するときは、次の3点を守るようにおっしゃられていたそうです。

①結婚してもいざという時のために貯金を

②結婚しても子供は3年作るな

③貯金と女友達は逃げない

娘の華子さんは、やはり芸能人で、女優の仁科亜希子(バツ1。元夫は松方弘樹さん)さんの息子(克基)

さんと結婚しましたが、1年強でスピ-ド離婚してしまいました。

その時、子供はいなかったので、華子さんはお母さんの教えを守ったようです。

これは、なかなかの名言かもしれませんね。

 

 

 

カップルの相性は補完関係にあるのが吉!

当SEISENでは次の3つの観点から、お二人の相性を判断します。

①性格面

 性格は、彼女の欠けている性格を彼氏が持っている、あるいは彼氏の欠けている性格を彼女が持っている、

 というようにお互いの欠けている性格を相手が持っている、つまり、補完関係にある組み合わせが良いのです。

 逆に、彼女の長所を傷つけたり、批判する性格を彼氏が持っている場合や、彼氏の長所を傷つけたり、批判する

 性格を彼女が持っている場合は、喧嘩が多く、相性が悪いと見なします。

 また、同じような性格を持っている場合も、相性が良いとは言えません。 

②相性線

 お互いの性格から、相性線を導き出し、その数で気が合うかどうかを判断します。

 0〜1本:悪い、2~3本:普通、4~5本:良い、6~7本:とても良い、8本以上:切っても切れない関係

③運気面

 彼女の運気が悪い時は彼氏の運気が良く、彼氏の運気が悪い時は彼女の運気が良い、というように

 お互いが助け合う関係、つまり補完関係にあるのが良いのです。

 逆に、彼女の運気の良い時は彼氏の運気も良く、彼女の運気の悪い時は彼氏の運気も悪いというように、

 同じ運気になると、ジェットコ-スタ-ような山あり谷ありの波乱の人生になってしまうのです。

以上より、相性は補完関係にあるのが吉なのです。

 

 

運の良い時期は流れに乗る

運の良い時期は、悪い時期と反対に、恋愛、結婚、仕事、事業などが順調に行く、良い時期です。

この時期は流れに乗ること(逆らわないこと)が肝要です。

友人からの合コンへの誘いや異性の紹介などは断らず、流れに乗ることです。それが良い結果を

もたらすでしょう。

また、この時期は、つまずいても、結果的に良い方向へ向かっていると考えて下さい。

例えば、運の良い時期は失恋しても、その恋のお相手には浮気・暴力・浪費等隠れた大きな問題があって、

深みにはまらないで済んだ、神様のお助けがあった、という風に考えましょう。・

また、出会いやデートにおいて、偶然が続いて、何らかの不思議さを感じた時は、神様が二人を結びつけ

ようとしている暗示かもしれませんので、二人の関係を大切にしましょう。(運命の人かも知れません)

逆に、偶然に悪いことが続いたときは、神様が二人を引き離そうとしている暗示かも知れないので、すぐに

別れることが肝要です。

運の悪い時期は新たな行動を起こさない

人間は運の悪い時期と、運の良い時期が周期的にめぐってきます。従って、一生運が良い、あるいは

一生運が悪いという人はいないのです。

このため、運の悪い時期(通常、10-20年続く)をどう過ごすかで、人生が決まってくるのです。

以下は実際にあった事例です。

①化粧品関係のお店を2店経営し、事業を拡大してきた強気の女性経営者が、自信満々、新たな支店を

 開設しました。

 しかし、その時期が女性経営者の運の悪い時にあたっていたため、新設したお店が順調に行かず、

 わずか2年で閉店してしまい、大きな損失を出してしまいました。

②運の悪い時期に、出会った男性(後に妻子がいることが判明)と不倫したバツ1の女性は4年後に

 自転車の横転事故で大けが(1カ月入院)をしたうえ、さらに半年後、不倫男性から浮気が妻にバレた

 ということで別れ話が出て、身も心もズタズタになってしまいました。

 これは、相手の男性の運気も悪く、運の悪い者同士の不倫であったため、不幸が重なる結末と

 なったのです。 (お互いに運の悪い時期が重なるカップルは、相性の面だけでなく、運気も二重に

 悪く作用します。もちろん、結婚しても上手くいきません)

このように、運の悪い時期に、新たな行動(恋愛・結婚・離婚・事業拡大・転職・転居など)を起しても

上手くいきません。やることなすこと全てが裏目に出てしまうのです。

この時期は、知識や資格の取得など勉強に費やしたり、体を鍛えたり、充電の時期と考えて下さい。

一方、運の良い人を見つけ、その人のサポートや意見に頼ることは、運の悪い人が運を良くする

有効な手段です。(逆に運の悪い時に、運の悪い人とは絶対に付き合わないことです)

あなたやあなたの彼氏が、今、運気が良いか、悪いかは、四柱推命で鑑定することができます。

優しい男性に浮気症が多いのは何故?

奥様方に「浮気症を持つ男性は性格的に優しい方が多いです」と申し上げると、決まって「優しいから、

女性にモテて、それで浮気になるのでしょう」と返答される方が多いのですが、実はそれは大きな

間違いなのです。

浮気症を持つ男性の性格を一概には言えないのですが、傾向としては、優しい性格で、おしゃべりや

オシャレが好きな男性(特に、おしゃべりな男性)は浮気症を持っていると考えて、80%以上の確率で

当たります。

それは、その男性が女性の星を持ち、その星の性格が強く出ているからです。

女性の星は2種類あるのですが、特に、そのうちの一つは、優しく、家庭的で、おしゃべり・オシャレ・

遊び好きの性格を持っています。(都知事選に野党から出馬され、落選された方もこの星をもって

います)

この性格を表面(おもてめん)としますと、裏面(うらめん)には浮気症(強い色情と性欲)があり、この表と

裏がついになって、女性の星を構成しているのです。

美人の女性は男の星(性格がキツく、行動的で、決断力があり、スタイルが良い)をもっている方が

多く、性格的にやさしい女性の星を持っている男性が好きになり、結婚するのですが、夫の浮気を知って、

離婚するのです。そのため、美人は離婚が多いのです。

四柱推命では、男性が女性の星を持つ場合、一つあるのを吉、二つ以上あるのを凶と言っていますが、

一つでもその女性の星が強く輝いている場合は浮気症になります。

女性の方は男性の浮気を毛嫌いしますが、表面(おもてめん)の長所は商売(接客)や経営(損得勘定)、

自由業(芸能界、自営業など。逆に、会社・役所などで規則に縛られるのは苦手)などに向いていて、

浮気の面に目をつぶれば社会的に業績を残す男性も多いのです。

しかし、多くの女性の方を見てきまして、浮気症の男性と結婚した女性は、例えお相手がお金持ちで

あったり、すごくハンサムだったり、かっこよかったりしても、離婚したり、また離婚にならなくても、

一生後悔の毎日が続くようです。

こうしたことから、どうも、女性の方の場合は、結婚において例え平凡な人生になっても、浮気症の夫を

選ばないということが幸せの第一歩のような気がします。

そのためには、四柱推命による性格・相性診断を利用することが転ばぬ先の杖になるでしょう。

 

結婚すれば幸せになれるは間違い!

明石家さんまさんが司会する「ホンマでっか!?TV」で、心理学者の植木理恵さんは「結婚さえすれば、

幸せになれると考えている女性は、結婚に向かない」と話されましたが、その通りで、結婚はあくまでもスタ-ト

ラインで、その後、二人の相性が悪ければ、性格不一致などで早晩離婚になりますし、相性が良くてもそれぞれが

譲り合い・助け合いをしなければ、不満が蓄積されることになります。

幸せな結婚になるためには、①相性の良いお相手を選び、②結婚後は、お互いを尊重し、努力をする、

の2点が重要です。結婚さえすれば、幸せになれるということは絶対にありません。

一方、結婚のメリットについて、堀井亜生弁護士は、「女の結婚の一番のメリットは、結婚の呪縛から

逃れられることです」と、うがった見方をされていますが、当たらずといえども遠からずといったところですか。

 

 

独身女性にとって不倫は損

妻子のいる男性(既婚者)との不倫において、男性の目的は、女性の体が目当てで(デートの時は必ず

セックスを求めます)、結婚を本気で考えている男性はほとんどいません。

従って、不倫をお金や遊びのためと割り切れる女性は良いのですが、割り切れない女性は、絶対に不倫を

避けた方が良いのです。

それは、不倫をすると、後で、心と体に大きな傷を残すことになるからです。

それは嘘をつかれたとわかった時のショックが大きく、恋愛のプラスよりマイナスの方が大きいということです。

不倫して、幸せな結婚をした女性は、私の知る限りではおられません。多くは不幸につながって行きます。

さらに、不倫を経験した女性は、別の男性と結婚(含む、再婚)したとしても、夫に不倫の過去を話せない

ので、心の奥底にしまって、墓場まで持っていかなければなりません。

死ぬまで心をオ-プンにできず、、つらい思いをしなければならないのです。

不倫男性の嘘には、主に次の3パタ-ンがあります。

①不倫男性が、既婚者なのに、独身という。これは明らかに詐欺行為で、人間として許せない卑劣な

  行為です。

②不倫男性が良く使う言葉に「妻との関係は冷え切っているので、離婚していつか結婚する」という

 殺し文句がありますが、いつかはやってきません。本気で離婚する気持ちがあるなら、すぐに離婚の

 行動を起こすはずですが、そうしません。

③別れるときは必ず不倫男性の方から言い出します。

 「妻に浮気がバレたので、もう会えない」「妻に離婚を切り出したら、自殺すると言われた」

 これも嘘の場合が多いのです。

不倫する男性の特徴は、優しく、魅力的ですが、浮気症(性欲がとても強い)に加え、身勝手(相手の女性の

将来のことを考えない)で、嘘を平気でつくことができる人です。

仮に、結婚できて妻になれたとしても、夫はまた浮気を繰り返し、今度は浮気される妻の立場になるのです。

一方、不倫する女性は、女性的魅力や色気がある反面、孤独や寂しがり屋で、少し暗い影を感じさせるタイプ

の方が多いようです。

上記②に該当する男性と不倫したある美人女性は、相手から「浮気が妻にバレたので、もう逢えない」

と言われて別れた後、男性不信に陥り、妻帯者とは相手が離婚しない限り、絶対に付き合わないと心に

決めましたが、心の傷は今も残ったままです。

結婚してくれるのを待ち続け、堕胎までさせられた女優の有馬稲子さんの自叙伝「バラと痛恨の日々

(中公文庫)」を読むと、不倫男性の嘘の卑劣さと身勝手さが良くわかります。

(有馬稲子さんの不倫相手は、世界的に有名な映画監督市川崑さんで、すでに他界されています)

ページ上部へ