トップ>性格・相性占いコラム>2015年12月

2015年12月

長寿は食生活に影響される!

中国の新疆ウイグル自治区は、同じ地域の中でも民族によって平均寿命に大きな差があり、カザフ族は

短命で、ウイグル族は長寿です。

その違いは、やはり食生活にあります。短命のカザフ族は遊牧民で、お茶に塩やバタ-を入れた塩分の

高いものを日常的に摂っているため、ナトリウムの摂取量が高く、逆に「野菜は羊が食べるものであって

人間が食べるものでない」と考えていて、野菜をほとんど食べないため、カリウムの摂取量が低かった

のです。

このようにナトリウムの摂取量が高くカリウムの摂取量が低いと、高血圧を起こし易くなり、脳卒中など

で死亡する危険が高まります。カザフ族の多くは50代で亡くなってしまいます。

一方、長寿であるウイグル族は、コメが主食で、畑を作って野菜を栽培しています。野菜や果物を

たくさん食べているため、カザフ族と反対で、カリウム摂取量が多いので、高血圧になりにくいのです。

長寿になるかどうかは食生活、つまり後天的環境と密接な関係があるのです。

生まれたときは、長寿の相であっても、暴飲暴食や喫煙、深酒をすれば、短命になってしまうということ

です。

つまり、それぞれの寿命や人生は、生まれながらの性格・能力・福分だけでなく、その人の環境や努力などの

総和によって決まってくるのです。 そのため、生年月日で判断する四柱推命ではその人の寿命を正確に

当てることはできないのです。

四柱推命を知らず嫌いでは損をする!

もう大分前に亡くなられましたが、政治評論家で 明治大学の教授をされていた藤原弘達という

毒舌で有名な先生がおられました。

この先生は、ゴルフをしている人達を見て、「耳かき棒のようなもので、地球を削っている。これは

亡国遊戯である」と一刀両断に切り捨てられました。

ところが、その方がどういう風の吹き回しか、ゴルフをされるようになると、言われることが一変して、

「こんな面白いスポ-ツはない」とおっしゃり、ゴルフに大変熱中され、それがもとで、各界の有名人と

ゴルフ対談するテレビ番組に長く主演されていました。

このことから言えることは、何事も中身を知らずに感覚的に判断すると、誤った決断を下すことが

あるということでしょうか。

四柱推命についても同じことが言えると思います。

四柱推命は統計的な占いで、生年月日と生まれた時間から、高い精度で、性格・恋愛・結婚・能力・

運勢などを鑑定することができます。

知らず嫌いでなく、ぜひ、一度試してみて本当に役に立つかどうか、ご自身で判断していただきたいと思います。

 

四柱推命でお相手の隠れた性格を知る!

結婚を決めるにあたって、お相手の性格に、身勝手な所や浮気症の面がないかどうか、また、自分との

相性が本当に良いかどうかなどをチェックすることは極めて重要です。

結婚後に、お相手の重大な欠点に気付いたのではもう手遅れなのです。

お相手の隠れた性格を知る最良の方法は四柱推命で見てもらうことです。

彼氏の生年月日と生時がわかれば、80%以上の精度で、その性格がわかります。

人生の転ばぬ先の杖として、四柱推命はきっとあなたのお役に立つでしょう。

ページ上部へ