トップ>性格・相性占いコラム

性格・相性占いコラム

独身の寂しさ(天涯孤独)

小学校時代のクラスメ-トに、60代後半で独身の男性がおります。

一流大学を卒業して、一流会社に勤務し、定年退職して、悠々自適の生活をしています。

一人っ子で優しい性格のためか、ずっと両親と同居して過ごし、現在は両親も他界して一人暮らしです。

私がクラス会に出席したとき、口の悪い友人が彼のことを「お前は兄弟もいないし、天涯孤独だな」と

冗談半分に言い、本人は苦笑いしていました。

二次会に行くタクシ-の中で、私が同席したとき、彼はぽつんと「一人暮らしだと料理を作るのも

面倒だが、それ以上に一人でタクシ-に乗ったとき、もし事故にあっても、探してくれる人が

誰もいないんだと思うと寂しい気持ちになる」と何気なくもらした一言と、その情景が今でも

私の脳裏に鮮明に焼き付いています。

結婚しないと悔いが残る

あるアンケ-ト調査結果では、「結婚前に期待していたことが結婚後どうであったか」という

質問に対して「当初の期待を裏切られた」という回答が多かったそうです。

しかし、キャリアウ-マンとして半生を一流銀行で働かれ、60歳の定年で退職された方が、友人に

「定年後も嘱託として働けるし、退職金もあるし、老後の生活には何ら不自由しないし、困らないけど、人間として

生まれた以上、一度は結婚も出産もしてみたかった。後悔が残る」としみじみと語られたそうです。

離婚を恐れて結婚しないより、結婚をした方が人生に悔いは残らないのではないでしょうか。

結婚は健康のもと(女性独身者は女性疾患に罹りやすい)

ある50代の、再婚経験のある女性の方が「結婚も出産も一度経験しておけば良いのよ」とサラリと

おっしゃられました。これも色々な人生経験をしてきたからこそ言える名言だと思います。

結婚や出産を経験した女性としない人では、人生経験において大きく違うということでしょう。

また、妊娠・出産経験の多い人ほど子宮ガンになりにくいと一般的に言われています。

さらに、出産経験がないことが、乳ガンの発生リスクの一つに挙げられているのです。

 

 

結婚は健康のもと(男性独身者は心疾患が多い)

晩婚化が時代の流れのようになっていますが、これは独身者にとって決してプラスにはならないことを

肝に銘じていただきたいと思います。

厚生省によると、男性独身者の場合、心疾患での死亡率は、なんと既婚者の2.9倍です。

独身者にありがちな不健康な食生活は死を招きかねないという恐ろしい統計が発表されています。

結婚も、健康維持や長寿のための一つの方法なのかも知れません。

ロマンチストな夫は妻に浮気されやすい

前回に引き続き、

堀井亜生(女性法律評論家)さんによると、結婚後も妻と恋人のように接したいと思うロマンチストな夫は、

その価値観を妻に押し付けて、かえって妻に浮気されるケ-スが多いそうです。

つまり、夫に愛されている妻ほど、自分の女性の部分に自信を持つようになり、夫に愛されている、

浮気しても離婚されないという安心感から、浮気するようになるとのことです。

長年の経験に裏打ちされた堀井弁護士の指摘は、男女間の感情のポイントを突いているように思えます。

メ-ルでわかるダメ男の特徴

前回に引き続き、

法律評論家(離婚問題に精通)堀井弁護士によると、ダメ男を引き寄せてしまう女性は、

その人がステキかどうかを、ギャップの大きさで判断することが多い。

裏表がない、見た目も収入も性格もそこその標準的男性には興味を感じない。

本当はそんな男性が結婚にはピッタリなのだが。

こうした女性はダメ男と、そこそこの男性がいたら、絶対にダメ男にいってしまうもの。

以下メ-ルでわかるダメ男の特徴は・・・・・

 

①日常的にメ-ルが長文な男性はモラハラ傾向がある。

 相手への依存心が強いので、自分の気持ちをわかってほしいという気持ちが強すぎて

 メールが長文になってしまう。

 こんな男性は、自分の価値観を押し付けたがる。

②返事が早い、絵文字が多い男性は浮気症。

 浮気症の男性の多くは、カッコイイ人ではなく、コミュニケ-ション能力が高い傾向があり、

 他人とすぐ仲良くなれる人。

 ≪四柱推命の鑑定でも、おしゃべりな男性が浮気症である可能性は非常に高いのです≫

③既読スル-や未返信に怒る男性は、DV気質。

 返信がないと怒って電話をかけてきたり、いつ返信するんだと督促してくる。

 プライドが高く、神経質な男性は、自分もしっかりしているので、他人のダメな部分が許せず、

 暴力に発展しやすい。

 DVをする男性は、その理由として、妻を教育していると証言する人が多い。

押しの強い男性はブラック!

明石家さんまさんが司会するテレビ番組「ほんまでっかTV」で、レギュラ-

出演されている女性弁護士の堀井亜生さんは、離婚問題に関して大変経験豊富で、

大変精通されていると感心します。

 

以下は堀井さんが2016年4月20日の「ほんまでっかTV」で話された要旨です。

〇グイグイ誘ってくる男性はブラックな可能性が高い。

 押しが強く、口説くのが上手い男性は浮気症。

 自己愛が強くて、押しが強い男性はモラハラ、又はDV男。

 一方、自分をわきまえている謙虚な男性は、高嶺の花に僕なんかが・・・・・・

 と引いてしまいがち。

 実は謙虚な男性のほうが、女性を大切にしてくれる人なのです。

 女性はグイグイ来る人の中から選びがちだですが、一歩引いた男性の中で、気になる人にいたら、

 自分から行ったほうが上手くいき、幸せになれる可能性が高いのです。

 上記堀井弁護士の話は、、私の四柱推命の鑑定経験からも、同様のことが言えます。

 一歩引いた男性には真面目な人が多く、浮気症やDVの方はおられません。是非参考にして下さい。

 

生まれ変わったら今の伴侶とは結婚したくない!

生まれ変わっても、また今の奥さんと結婚したいか、という質問を私の兄弟・親戚、友人などに

したところ、YESという返事は全く聞けませんでした。

これは男性サイドの結果ですが、妻サイドに聞いても同様の結果だと思います。

感覚的には、生まれ変わっても、今のご主人、今の奥様とまた結婚したいというご夫婦は

10組に1組位ではないでしょうか。

現代は恋愛結婚なのに、どうしてこんな結果になるのでしょうか。

それは、結婚相手をお互いに年令、年収、外見、学歴などで判断したからではないでしょうか?

つまり、結婚においては、お互いの性格の組み合わせや相性が重要で、それが良いかどうかで、判断すれば、

きっと良い伴侶を見つけることができたと思いますが。

(カップルの相性は補完関係にあるのが吉!をご参照下さい。)

 

結婚のデメリットよりもメリットの方が大きい!

結婚のデメリットと考えられている理由としては、①自由に使えるお金の減少、②趣味や

交際に使える自由時間の減少などがあげられています。

しかし、既婚男性のアンケ-ト調査結果では、2/3以上の男性が「結婚はメリットのほうが

大きい」と感じているそうです。

それはパ-トナ-を得た喜びや安定感が大きな理由の一つですが、それ以上に食生活が

充実したり、家事負担が減り、規則的な生活が送れるから・・・という現実的な回答も

多いのです。そこには、旧態依然とした男性の身勝手さも垣間見えるようです。

結婚にはどんなメリットがあるか?

結婚のメリットは、「精神的な安らぎ」、「子供や家族を持てる」、「愛情を感じられる人と

暮らせる」といった、安心や愛情など精神的な側面を重視している人が多く見られる

一方で、「社会的信用を得たり、周囲と対等になれる」、「親や周囲の期待に応えられる」

といった社会的側面や、「生活不安がなくなる」といった経済的側面を求める人は、

男女とも減少傾向にあります。

しかし、50歳を過ぎた再婚希望女性のケースでは圧倒的に経済的側面が大きいのです。

熟年離婚を考えている奥様方は、生活面の裏付けをしっかりさせたうえで、実行する

ようにしてください。

ページ上部へ