トップ>四柱推命とは

四柱推命とは

四柱推命(しちゅうすいめい)とは

四柱推命の4つの柱

四柱推命学は、陰陽五行説・干支術が原理になっている、
中国で1500年前から行われてきた占術で、1500年間分の実績が積み上げられ、多くの人に信じられ活用されてきた、歴史の古い占いです。

さらに、SEISENでは、それらに加え、これまで10年にわたり数千件を超える命式のデータから得たノウハウがあります。

「よく当たる」占いとは?

日本では生年月日の占いが主流で、
生まれた時間を加えた占いとしては、四柱推命がもっとも有名です。

とても複雑で数値化やパターン化しにくいものではありますが、
生まれた年、生まれた月、生まれた日、生まれた時間が組み合わさった4つの柱から読み解くため、おそろしいほどよく当たると言われており、性格や運勢判断などに使用されます。

SEISENの四柱推命占いの特徴

10年にわたる数千件を超える命式データの分析

四柱推命学1500年の歴史と分析結果に加え、SEISENではこれまで10年にわたり数千件を超える命式のデータを蓄積・分析して、鑑定に生かし、お客様からのご信頼および「よく当たる」との驚きのご鳳声を頂戴しております。

結婚相談の経験を活かした、恋愛・結婚・離婚・相性の鑑定と実践的なアドバイス

恋愛・結婚・離婚・相性に関しましては、SEISENならではの結婚相談の経験を踏まえた、独自の役立つ、実践的な鑑定・アドバイスになっております。

四柱推命でわかること

あなたは自分自身のこと、わかっていますか?
お相手のことが、実はどのような人なのか理解できていますか?

①自分自身を知ること、②お相手の長所・短所をしっかり理解すること、
③お二人の相性の良し・悪しを知ることは幸せな恋愛、結婚には欠かせない重要なことです。

そして、何よりも大事なのは、お互いの本当の姿・性格(長所・短所)を知り、
それを理解したうえで、お互いを大切にして接するということなのです。

 

相性とは

相性が良い・悪い。何となく気が合う、特別な感じがするなど、
自分でも感じることがあるかも知れません。

しかし、それだけでは十分ではないのです。

それは、皆様、気が合うから結婚するのですが、
現実には3組に1組(欧米では2組に1組)が離婚してしまうのです。

そこで、SEISENでは、離婚された数百組のカップルのデータを収集し、
そこから、離婚されたカップルに共通した点を見つけました。

それは、「お互いの性格の組み合わせが悪い」と離婚の可能性が極めて高いということです。

性格の組み合わせが悪い例としましては、

  1. キツイ性格の男性とキツイ性格の女性
  2. 浪費家の男性と倹約家の女性(男性が倹約家・女性が浪費家の場合も離婚になりやすい)
  3. 浮気症の男性と浮気を許さない女性
  4. 仕事人間の男性と感情的な(ヒステリックな)女性
  5. 感情的な男性と感情的な女性
  6. 潔癖症の男性と無精な女性、などなど

従って、SEISENで四柱推命によりお二人の性格をそれぞれ鑑定すれば、その組み合わせが良いか、悪いか、がわかります。悪い場合は、その対策や注意点もアドバイスいたします。

結婚に良い時期(結婚したい時期)

誰でも結婚適齢期になると、結婚したい気持ちが強くなるのではなく、人生には結婚したい時期と結婚したくない時期とがあり、その時期は個人、個人で違い、千差万別です。
季節に例えると、春や夏は結婚したい時期で、秋や冬は悩んだり、孤独になりたい時期で、結婚には向かないのです。

従って、今、自分はどの季節に当たるのかを知り、春や夏の季節に当たる時は行動を起こして下さい。

 

上記のほか、仕事や運勢などについても、
お客様のご要望により鑑定しますので、お問い合わせ・ご相談下さい。

 

ページ上部へ