トップ>プロフィール紹介

プロフィール紹介

ごあいさつ

幸せな恋愛・結婚をしていただくために・・・

どんな人にも長所と短所がある

まず、どんな人にも長所と短所があるということを理解していただきたいと思います。
つまり、長所だけの人や短所だけの人はこの世界にはいないということです。

それは何故かというと、人間の性格は、長所の裏側をのぞくと、そこには短所があり、
短所の裏側をのぞくと、そこには長所があって、長所と短所は一対になっているためです。

従って、お相手を選ぶポイントは、個性的な人(長所も大きいけれども、短所も大きい)を選ぶか、
平凡な人(長所も小さいけど、短所も小さい)を選ぶかの、二者択一なのです。

 

天はニ物を与えず

例えば、男性で、読書家の人は勉強家が多く、頭脳も優秀で、学歴も高いのですが、
反面、大人しい性格で、髪の毛が薄かったり、人見知りや母親っ子の傾向があったりするのです。

一方、多弁や饒舌家で、陽気でおしゃれな男性は、優しく家庭的な面を持っているのですが、
反面、仕事や女性問題が心配されるのです。

音楽や芸術の才能がある人は、どうしても、プライドが高く、神経質でカーツとなりやすい性格を併せ持っています。

「天はニ物を与えず」で、皆様もご自身のことを考えれば納得されるかと思います。

従って、お相手の短所を知らないまま結婚生活に入ると失望や困惑がおき、波風が立つことになりますので、できれば、お相手の長所だけでなく、短所も知って、結婚することがベタ-なのです。

 

結婚相手は外見(雰囲気)ではなく性格で選ぶ

次に、結婚のお相手は、外見(含む雰囲気)でなく、性格で選ぶということが重要なポイントです。
当たり前のように聞こえるかもしれませんが、外見は性格の次にして欲しいのです。
それは外見で選んだ方には離婚が多いからです。

この性格で選ぶとは、優しいとか、子供の面倒見が良いとか、お金に関する能力があるとか、
週刊誌的な話題を問題にしているのではありません。

それは「あなたとの性格の組み合わせが良い」という観点から選ぶということです。
具体的には、あなたの不足している性格や能力を相手が保有していて埋めてくれる、
相手の不足している性格や能力をあなたが保有していて埋めてあげる、という補完関係を意味します。
(1+1が3になるということです)

性格や能力が似ているということとも違うのです。似ていると相乗効果で、良いときは2倍良いのですが、
悪いときは2倍悪くなってしまうのです。しかし、生まれ育った環境は似ているほうが良いでしょう。

このお互いの性格やその組み合わせを判断するうえで、最適の道具が四柱推命です。

この四柱推命を使用して、多くの結婚・離婚デ-タを統計的に分析した結果、
上記の「幸せな結婚には、性格の組み合わせが大切」という結論に到達しました。

 

是非、ご結婚や人生の岐路に立ち、悩まれた時は、SEISENをご利用下さい。
私も皆様の人生の羅針盤としてお役に立ちたいと考えております。

 

四柱推命 木津 幹夫

 

経歴

1947年9月 東京都港区芝白金生まれ
1970年3月 慶応義塾大学 経済学部 卒業
1970年4月 一部上場会社に入社
2002年6月 同社を退職
2003年3月 有限会社スミコーポレーション設立
  ある出会いにより四柱推命の存在を知り、その信頼性の高さに驚き、四柱推命学を学び始める。
2004年4月 千葉県柏市で「四柱推命占い SEISEN」を開設
2008年3月 「結婚は35歳までに - 離婚しないためには性格の組み合わせが重要 -」星雲社より出版
2015年 鑑定・分析を重ね、様々なお悩みを抱えるご相談者様の問題を解決すべく、
現在も四柱推命学の読み解き方を研究し続けている。

 

 

無料相談・お問い合わせ

ページ上部へ